MENU

なぜWebデザイナーにLP制作を依頼すると失敗するのか?

Web集客において、絶対に欠かせないのが、

「LP(ランディングページ)」

ですよね?

LPはお客様と商品・サービスを最初に結びつける接点。あなたの商品やサービスの顔とも言える非常に重要なページです。

広告でLPを出す時には、Webデザイナーに依頼をして、高い費用と時間をかけて制作されている方も多いと思います。でも、満を持してLPを出してみるも、

「全然反応が得られない…」

これ、あるあるですよね。もちろんキレイなLPと見栄えの悪いLPであれば、キレイで可読性の高いLPのほうが成約率は高まっていくでしょう。

しかし、必ずしも「見た目がキレイ=買いたくなる」という方程式が当てはまるのか、というと決してそんなことはありません。

つまり、たとえ良いコピーで書かれたLPであったとしても、いざデザイナーに依頼してキレイなLPが出来あがったのに、思ったような成約が出ない、という方は「売れるLP」になっていない可能性が高いということです。

『では「売れるLP」とはどんなものなのか?』

例えば、読者の心を動かすLPを完成させるためには、

・ファーストビュー
・CTAボタン
・見出し
・ブレット
・プロフィール
・コンテンツ紹介
・比較表
・FAQ
・追伸

など、それぞれに重要な役割があるわけですが、これらのマーケティング施策をLPにどのように落とし込んでいくかが非常に大事になってきます。

ほかにも、LPの表示速度が遅ければ離脱されてしまいますし、申し込みボタンがわかりづらければクリック率は伸びていきません。

本来ならここまでマーケティングにこだわり抜いてLPを構築していく必要があるのですが、一般的なWebデザイナーの多くは「デザインすること」が仕事であり「完成させること」がゴールになります。

でも依頼主は当然「売ること」がゴールになるわけで、LPの完成はスタートにすぎません。

だから本当なら完成したLPを広告などに出してみて、改善、修正をしてまた反応を見て。このテストとブラッシュアップを繰り返すことで、徐々に「売れるLP」に近づけていくのが本来のWebマーケティングの姿です。

しかし、Webデザイナーに依頼してしまうと、LPを修正してもらうにも費用が何万円もかかり、修正があがってくるのも1~2週間後。このスピード感では広告費がいくらあっても足りません。

これが「WebデザイナーにLP制作を依頼すると失敗する理由」です。

だからこそ、販売者自身がLPを制作するのが理想なわけですが、、、

「でも、自分にはデザインやプログラミングの知識がないから依頼するしかない…」「LP制作ツールを使ってみようとも思ったけど扱いづらくて、うまく使いこなせなかった」「LP制作ツールを使っても結局、デザインの知識は最低限必要みたいだし…」

と思ったら、こちらのツールがおすすめです。

この度、たった1時間でキレイなだけでなく反応の取れる「売れるLP」が完成してしまうLP制作ツールを開発しました。従来のLP制作ツールにはなかった、

・完成形を見ながら直感的に組み立てていけるから誰でもイメージ通りのLPが作れる
・ステップメールタイマーにも対応
・豊富なテンプレートによりデザイン素人でも1時間で売れるLPが完成

というツールです。さらに、このツールには私たちがこれまで、LP経由で100億円を売り上げてきたLP制作ノウハウを全て詰め込んでいます。

今なら限定特典もついていますので、ぜひこの機会にあなたの手で「売れるLP」を完成させてください。

ダウンロードはこちらのURLから
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる